クライオン~多次元の宇宙

Autistic Crystal Child 自閉症 クリスタルチャイルド
Please let me know when your friends on the planet you lived before are coming and, say, “they are now coming here.” My autistic daughter Mari said, “Yeees !!”
まりちゃん、となりの地球のお友達が来たら教えてね。「はーい。」
————
Kryon ~ “The Interdimensional Universe”
Universal Distances

What we’re telling you is this. Your science and logical observation tells you that you’re literally hundreds of millions of light years away from objects. But what if this is an illusion, and a multidimensional Universe has attributes of the model tube sock? Could it be that what appears to be a linear 100-million light-year trip might be next door? The answer is a positive and strong “yes.” Although difficult to conceive of, yes, the vastness is real, just like the perception of the molecule that believes it has to walk the entire interior of the sock to get where it wants to go. The universal shape is also curved in such a way that there’s a predictable and mathematical way of broaching the “wall” (just like gravity does), that allows you to jump to other parts of the socks inner and outer surfaces.

クライオン~多次元の宇宙
宇宙の距離
ここで言っているのは、科学と理論的観察では、観察するものと何十億光年も離れていると教えていますが、それは幻想だということ、多次元の宇宙は、チューブ状のソックスと同じようなものだと言ったらどうですか? 直線の1億光年は、隣の家位の距離だということがあり得るのでしょうか? その答えは、「はい」と断言できます。理解するのは難しいですが、その程度の広がりは本当のことです。行きたいところに行きたくてソックスの中を歩き回る分子が見た大きさと同じです。宇宙の形は、また、湾曲しており、その曲がり方は、重力についてもそうですが、その“壁”を数式的に予測できます。それによってソックスの内側と外側の他の表面に出ることが出来ます。
Translation by Lightworkermike (Minoru Enomoto)
Kryon – “The Interdimensional Universe” – Lee Carroll
http://www.kryon.com/k_chanelnewjersey03.html
https://lightworker-japan.net/…/the-interdimensional-univ…/…

まり~神

江野本稔
まりが持つ不思議な不思議な力、、それを知るものは身近にいて愛をかけるもの以外いない。。。しかし、徐々に、神が与えたその運命の力を知るものが、これから増えていく。。。。。まりは、神が与えた人類の新しい力、、決して無にするでないぞ。~神
優しさが人類、地球全体を覆いますように」

Autism Crystal Children 過渡期のカギを握るクリスタルチルドレン

Autism Crystal Children  過渡期のカギを握るクリスタルチルドレン
光の灯台~The Beacons of Light ~ Re-minders from Home  April 17, 2014
Tha Group ~ Steve and Barbara Rother
~Update on the “Late” Great Planet Earth ~ A Higher Vision
Translation by Lightworkermike ( Minoru Enomoto )
過渡期のカギを握るクリスタルチルドレン ( 抜粋 )

では、なぜ私たちはここにいるのでしょう? 一体これはどういうことなのでしょう? 私たちが見ている、何が素晴らしいのでしょう? 皆さんや私たちは、何が起こっているのかを知り、次のレベルに達する機会が与えられました。あなたはこれにどう参加してきましたか? しまっておいた答えはどこにありますか? ところで、22年くらい前に地球上に最初のクリスタルチルドレンが誕生しました。今、それがどうなっているかご存知ですか? クリスタルチルドレンに何が起きているかわかりますか? 彼らは信じられないくらい繊細で、その多くは極端な繊細さ故に、他の人たちと交わることができません。それだけではないのです。今、地球では、「自閉症スペクトラム障害」と言われる広汎性発達障害が急増しています。このスペクトラムはクリスタルチルドレンの中では高い比率に及んでおり、皆さんとの関わり方に困難を抱えています。皆さんが地球でのゲームを延長したために、この波動がとても高い子供たちを、波動のとても低い地球に連れて来てしまったのです。この子達は根付くことができず、内に向かってしまい、お気づきのように、自閉症や広汎性発達障害といった現象が急増しています。そういう人達が地球に増えていますが、それは決して「悪い」ことではありません。皆さんは何が起こっているのかを見てきて、クリスタルチルドレンに望みをかけ、大変な思いをしながらも、彼らが来られるように場を整えておいたのです。彼らは自分でその感受性の強さや他の性質に対処せざるを得ないとはいえ、その答えを持っています。近い将来皆さんはそれを垣間見ることになるでしょう。テレビでインタビューされている人々が、誰もが気分の良くなるようなことを話している、そんな光景を見るでしょう。クリスタルチルドレンはあなたの心のとても深いところに種を蒔いて育てます。それが彼らの仕事であり、それに長けていてエネルギーの扱い方も知っています。

私たちは長いこと彼らのことをクリスタルチルドレンと呼んできました。それは単に20年以上前、初めて彼らのことを話題にするようになった頃、彼らがまだ子供だったからです。しかし、今や彼らの多くはティーンエージャーや青年期に入っています。彼らはそれに気づいているのでしょうか? おそらく個人ベースでは大半は気づいていないと思います。彼らの多くは自分の持つギフトに気づいていないでしょうが、ネットワークは持っています。すでに始まっていますが、彼らがつながり始めれば素晴らしいことになります。その引き金となるのが地球の感情リリースです。日々見られているようにそれはかなり進みました。グリーンランドは溶けつつあり、もはや地球の水位上昇は憶測の域を超え、目を背けることはできません。地球では大きな変化が起こっていて、地殻運動のテンションは高まりつつあり、最近ロサンゼルスでは小規模な断層のズレが生じました。あれは小規模でしたが、テンションはだんだん高まっています。地震や火山噴火が起こるということでしょうか? 必ずしもそうではありません。今や集合意識のいろんなレベルで起こっていて、クリスタルチルドレンがどれだけ活躍できるかを目の当りにするでしょう。クリスタルチルドレンは大半の人ができないような方法で互いに結びつく能力を持ってやって来ました。インディゴもその一部です。彼らは、地球にもたらされた誤解を払拭するために、新たな次元でのコミュニケーションに取り組んできました。インディゴはすべてのシステムを壊して、新たな方法で組み立て直せるようにしました。では、クリスタルチルドレンは何者なのでしょう? クリスタルチルドレンは、皆さんの多くができないような方法で、エネルギーを感じています。クラスに参加すればそのエネルギーを感じられることでしょう。キーパーは自分が波動の高い教師だと思っていたのですが、ある時、石を手にしてやって来た人に「この素晴らしい波動を感じる?」と聞かれ、「いや。まるで石のようだ」と返答したことがあります。誰しもが同じように感じられる訳ではありません。なので、クラスに出て、エネルギーを感じる方法を学ぶのです。皆さん、ワクワクするのを感じてください。

今何が起きているのかと言えば、皆さんは地球のエネルギーとより密接につながったのです。地球がこうした試練を経験する時(そのこと自体は全く正常なことなのですが)、皆さんの感情システムは地球とつながっています。地球はこうした変化のプロセスにあり、集合意識の波動が臨界値に達し、変化が起きてエンパワーメントの時代に入ったのです。皆さんは地球が終焉を迎えようとしていたとき、12-12-12の入口から入って12-21-12に抜けたのです。でも、無事にここにいて笑顔で次の段階を待っています。本当に素晴らしいことです。ベールの反対側にいる私たちは想像できないほど皆さんを応援していました。地球に驚愕のエネルギーを送るために多数の存在が働いていました。今や皆さんの所にまできているのでそのエネルギーを感じたことと思います。地球は皆さんと一緒なのです。地球と調和しなければ、地球は滅びてしまうでしょう。皆さんに申し上げますが、地球は依然末期局面にあるので、新たな形で調和するよう一緒に働きかける必要があります。クリスタルチルドレンは地球と共に取り組むだけでなく、皆さんとも一緒に取り組むことでしょう。唯一人間だけがこの難局を大変だと感じていますが、地球はこれまでもこうした進化の時代を何度も経て来ました。なので、地球にとっては何の問題もなく、何度もそれを繰り返しては乗り越えて行くでしょう。地球は今とは変わります。地球は何回もサイクルを経ていることを知っているので、それを案じることはありません。むしろ地球を案じるのは人間です。皆さんはこの過渡期、難局という厳しい時代に旅していて、しかも理解が不足しています。でも、素晴らしいこともあります。クリスタルチルドレンは皆さんと別々の存在ではなく、皆さんの一部なのです。彼らは調和するエネルギーを出してコミュニケーションすることに気づきましたが、皆さんもかなり近い将来そうしたエネルギーを活用できるようになるでしょう。まもなく皆さんは地球で自分がすることや他の人のすることを透明にしようとし始め、ネガティブなことは許容できないような波動レベルに達することでしょう。今、地球で不協和音が見られているのはそのせいで、皆さんが高い波動から物事を見るようになっているからなのです。皆さんの日常生活ではそれを確証することはできませんが、すでに移行していることは見えなくても心では感じられます。皆さんは目を開いてはいるのですが、自分の周りでは同じように見られないのでとてもフラストレーションを感じています。それはあなただけではなく、人類が皆感じていることです。

「No」と言うこと:新たな節目の始まり

人類の集合意識は臨界値に達しつつあります。皆さんは地球に平和を求めています。今はそう感じていません。テレビのニュースを見れば、平穏でないことばかりですが、これは過渡期にあるためです。でも、皆さんが向かっているのはまさに平和です。なので、皆さんの節目は、まず「No」と言うことから始まります。言い換えれば、パワーサイクルの初期段階は、個人であろうと、人類全体であろうと、まずは否定することから始まります。自分が人生で何をしたくないかを見極めることで、自分自身を定義することが多々あります。そしてこんな風に言うでしょう。「ずっとこのままだった。でも私は新しい人間で、新しいものが必要だ」。そうしたことを人間関係や、友人、仕事などについて感じるでしょう。大半の人は、7年周期で節目が訪れます。遂行していた契約など、何らかの引き金があり、後で人生を振り返ってみると明らかにこうした節目は、まず「いいえ。もうこれは私の人生に必要ありません」と言うことから始まっていたことがわかるでしょう。今、人類がしているのはこういうことで、「いいえ(No)、もうあなたにこれをしてもらう必要はありません」と言っているのです。

ただ、あなたが「No」と言っている相手が話を聴いていなかったりするので難しいのです。でも、彼らもそのうち聞くでしょう。頭の片隅で覚えていてほしいのですが、今は変化が起きていますが、そういう人達がいることも変化のサイクルの内なのです。どういう意味かというと、極めて単純なことです。「いいえ。私の人生にもはやこれは必要ありません。今の私は違います」ということから始まります。その後、あなたはもう何かを拒否する必要はなくなります。そして、こう言うでしょう。「OK。私は今、本格的な節目を迎えてその只中にいます」。それが心地よく感じ、もはや人生から何かを拒否する必要がなくなります。その後、人生でしたいことによって、自分自身を再定義する段階に達します。つまり、初めは「Yes」という答えから始めることはできず、まずは「No」と言うことから始まります。人類全体が新たなサイクルにちょうど入ったところですが、それを遂げるのに7年はかからないと思います。かなり迅速に進んで行くと思いますが、本当にすべては皆さんや、このサイクルをスタートさせたクリスタルチルドレン次第なのです。彼らは夢から覚め、皆さんが予測していなかったような方法で世界に現れつつあります。皆さんは彼らが白馬に乗ってやって来て救ってくれると思っていたことと思いますが、別の形で確実に真実の種を植え付けています。時として、彼らはそれを自分自身の不調和や身体的な課題を通じて達成してきましたが、その段階を経て、今やクリスタルの波動のネットワークが生まれつつあります。皆さんに理解していただきたいのですが、クリスタルチルドレンは地球に長年存在してきました。でも、たいがい彼らは恐れられてきました。キリストもそうです。仏陀もそうです。そうしたことを何度も垣間見ることがあります。というのも、皆さんに光のメッセージを発した多くの存在は信じがたいほど繊細かつとてもパワフルです。それがクリスタルの人々の2大特徴です。それは地球にフィットすると思いますか? 残念ながら旧い地球では無理でした。だから今、変化が起きているのです。

皆さんがそれをしているのです。皆さんが意識的に波動を引き上げながら、皆さんが変化を起こしています。皆さんはコースを受講したり、祈ったり、自分自身の声を聴いたり、瞑想したり、自分の魂と話したり、自分自身でチャネリングをしたりしてきました。それは必要なことであり、クリスタルチルドレンの持つ特徴でもあります。

クリスタルチルドレンが蒔いた種

さほど昔ではないのですが、キーパーがチャネリングクラスを開いていて、そこにクリスタルチルドレンもいました。ある人が最前列に座り込み、「さて、これをやってみましょう」とキーパーが言うと、その人は「知ってる」と言うのです。キーパーは「チャネリングして、できると分かるのですね」と言うと、その人はまた「そうです」と答えました。まさにこういう感じなのです。決してなにか自分から合図をして「私は地球の答えを持っています」などと言うような人達ではありません。自らの力を隠し、人類の自然な進化を妨げたり、急かしたりもしません。仮に彼らがそうしていたとしても、皆さんの大半には理解されなかったと思います。これはクリスタルチルドレンに限ったことではなく、人類全体について言えることです。つまり人類全体の波動が今やクリスタルチルドレンと調和できるレベルに上昇し始めているのです。それは彼らを助けるだけでなく、自閉症の増加を食い止めることにもなるのです。自閉症はクリスタルチルドレンの多くが経験している身体的問題の1つに過ぎません。こうした子供たちの特徴を知ると、このハンディキャップと見られてしまうことの奥深くに、信じられないようなギフトが隠されていることが分かるでしょう。それは障害ではなく、地球での新たな重要な要素であり、それが理解される方向に進んでいます。その最大の課題は反応です。今起こっていることを理解できるまでになって地球でそうした反応を止めることができれば、いっぺんにひとつの心に結びついて変化させることができるでしょう。では、もしこの部屋の誰かが突然クリスタルの集合体の波動に達することができたら、この世界のあらゆる問題を解決できるのでしょうか? トルコや中国、ベネズエラ、シリア、エジプト、ウクライナの問題がなくなるのでしょうか? 答えはNoです。それでも、平和が始まる可能性を植え付けることはできます。それが皆さんの目的だとしたら実現するでしょう。でも、外にではなく自分の中に深く目を向ける時です。

地球上の離れた所で問題が起こっていると思っても、実際にはそれは離れた場所の出来事ではないのです。あなたがいる国や、あなたの住む家のすぐ外で起こっている訳ではないにしても、人類全体の集合意識の中で起こっていることなのです。こうした時代の地球では、人類はまさに調和の中で生きるということを学びます。お互いの相違点に目を向ける代わりに、お互いの類似点を見つけていきます。現時点では、これまでの地球で普通と思われてきた分断、別々という状態が人類の進化を最も妨げています。クリスタルチルドレンの大半は今や青少年、青年になっています。皆さんも思春期前の頃に悩んだりしたことを想えば、クリスタルチルドレンが世間に理解してもらおうと直面している苦悩の一端がわかるはずです。それはとても大変なことで、まだ始まったばかりで今なお続いています。彼らの多くは研究や調査をして地球上の他の人たちに、何を探究すべきか、何を期待すべきかを教えようとしています。これから時が経つに連れてより貴重なことになるでしょう。今、地球上には新たな人間がいるのですから。彼らは立候補して、「私は政府を立て直すので私に投票してください」などとは言いません。むしろ、たいてい彼らは背後に隠れています。皆さんは指導者の必要性を感じていないので、それが自然なのです。そして、人類全体は新しい方法で調和できます。

http://www.lightworker.com/beacons/2014/2014_04-UpdateEarth.php
http://www.lightworker-japan.jp/index.php?categoryid=13&p2_articleid=316