Adamus Saint-Germain “On Paris Attacks” by Geoffrey Hoppe

Translation by Lightworkermike (Minoru Enomoto)
Adamus Saint-Germain “On Paris Attacks” channeled through Geoffrey Hoppe
http://www.crimsoncircle.com/

ADAMUS: Indeed. I Am that I Am, Adamus of Sovereign Domain.
The situation with the bombings in Paris, you’ve asked me to talk about. I’d like to first acknowledge that,in my last lifetime as Count St.Germain, I spent many, many of my years in France. It was one of the most delightful places on the planet, and to this day, even though I am now not living in human form on this Earth – I’m what many would call an Ascended Master – I still have such a deep love for the people of France and a deep love for the land. But I also understand that this situation goes far, far beyond the borders of France and even Europe. It is a global situation.

This basic unrest stems from the planet’s overall trend and desire for freedom. Humans all around the world are having awakenings. There is more and more of a desire for true freedom. However, at the same time it’s creating a backlash, an opposite effect, because there are also those who are trying to go back – trying to go back in time, trying to go back to old values, trying to go back to old traditions. They fear freedom for themselves and for others. They fear this awakening of humanity, so what they’re trying to do is pull back and literally restrict the freedom.
But there is another important element that comes into play here, because in times like this when there is the transition into what many would call the New Energy or new consciousness, there is also a lot of power play on this planet. There is tremendous seeking of power, and the ones that you call the terrorists have found that not only is this a cause for them, but it is a great way to attain the power. But ultimately, ultimately the desire for freedom will trump or supersede all the desires for power. Ultimately, whether it is in the next few years or few decades, this world will come to realize that power is truly an illusion. Power is an old human game, and it doesn’t have a place on the planet anymore.

アダムス:I Am that I Am、私はアダムス・ソブリン・ドメインです。パリ爆撃事件について話してほしいということですが、先ず、私がセント・ジャーメイン伯爵だった前回の人生(1710–1784)の時は、長年フランスで過ごしました。フランスは地球で最も楽しい所の一つで、今は人間ではありませんが、今でも楽しい所です。私は今は、いわゆるアセンデッド・マスターですが、いまだにフランスの人々には深い愛を抱き、その土地に愛着を持っています。しかし、また、今回の事件は、フランスやヨーロッパに留まらない、地球規模の問題であることは知っています。

基盤とする不安感は、地球全体の流れや自由を求める機運によって生まれます。世界中の人は目覚めつつあります。それでますます本当の自由を求める人が多くなります。しかし、同時に、その反動もあります。時間を逆行させよう、古い価値観に戻ろう、古いやり方に戻ろうとする者がいるのです。彼らは自分たちの自由も他の人間の自由も恐れています。彼らは人間が目覚めることを恐れています。だから、文字通り逆行することをして自由に歯止めをかけようとしているのです。
しかし、そこにはもう一つ重要な要素があります。新しいエネルギーとか新しい意識への移行期には、地球には非常に多くの権力闘争があります。強大な権力を求める動きがあり、皆さんの言うテロリストは、権力欲が要因になってこの事件を起こしただけでなく、力を誇示することが、権力維持の大きな方法・手段になっているのです。しかし、最終的には、自由への欲求が権力へのあらゆる欲望を克服し、力にとって代わります。後、数年、あるいは数十年、世界は最終的に力は幻想であることに気づくようになります。権力は、人間の古いゲームです。今後の地球にその余地はありません。
パリ襲撃は13日金曜日でした。この事件は、過去に起きた事件と極めてシンクロしています。700年以上前にテンプル騎士団に起きた出来事が、13日金曜日の元祖です。テンプル騎士団は、エルサレムを巡礼する人たちを盗賊などから守るキリスト教徒たちでした。それだけでなく、ローマ法王の権限の下にあったテンプル騎士団は、とてつもない権限と富を手にしました。テンプル騎士団を嫌った王がフランスにいました。騎士団は比較的自治を有していたためにそれが気に入らなかったのです。だから、王は、ヨーロッパ各地で13日金曜日に饗宴を開いて騎士団を振る舞うという口実をつけて呼び出し、実際には処刑を行ったのです。今回の出来事は、宗教に見せかけた非常に古い出来事が、再度現代に登場した出来事なのです。

4 methods for healing from post-traumatic stress. by Doreen Virtue

Translation by Lightworkermike (Minoru Enomoto)
4 methods for healing from post-traumatic stress.
– Doreen Virtue 2015-11-17
http://www.angeltherapy.com/blog/4-ways-heal-tragedy-and-post-traumatic-stress

Feelings of sadness, shock, numb, low-energy, and anger are symptoms of post-traumatic stress. So are addictive behaviors, such as binge drinking and eating, attempts to block-out the pain of post-traumatic stress.
Studies show that our bodies can’t distinguish between stress that happens to us personally, and stress that happens to another person. Our bodies’ empathic systems pour stress hormones into our systems, whenever we read, see, or hear about a traumatic situation. This is called “Secondary PTSD.”

心的外傷後ストレスを癒す4つの方法
悲しみや、ショック、感覚の麻痺、疲弊、気が抜けた状態、怒りなどの心理的状態は、心的外傷後ストレス(post-traumatic stress)です。だから、過度の飲酒や過食をしたり、心的外傷後ストレスを遮断しようと、様々な行動にのめり込みます。
研究によれば、体はその人に起こるストレスと、他の人に起こるストレスの違いを区別することは出来ません。体の交感神経系は、他の人のトラウマ的な状況に関する記事を読んだり、見たり、聞いたりする時は、全身にストレスホルモンを放出します。これが、“2次的心的外傷後ストレス(Secondary PTSD)”というものです