QUESTION: Dear Kryon

Translation by Lightworkermike (Minoru Enomoto)
先月神奈川県相模原の障がい者施設の事件から1か月です。同じような障害を持つ2人の思いにクライオンが答えています。

QUESTION: Dear Kryon, I have multiple sclerosis (MS), and I’ve been a Lightworker for 18 years. I have given my intent and had EMF, but still nothing other than a little symptom relief has occurred. Can you help me know what will heal me completely? I’ve always believed that we’re creative beings who can create our healing. I seem to be lost when working on myself. I’ve been thinking the words “I am healed” and “I love myself,” as I’ve taught others to say. I need your help. I’m lost, and we’ve spoken directly, but I need your words now, please.
ANSWER:  Dear one, there are some things that have been given to you in this lifetime that are so much a part of you that only a compete life shift will change them. It’s eventually up to you to learn far more about yourself than if you can just heal. Have you cleared the past? Have you told God that no matter what happens, you’re fine with it? Have you really taken care of your spirituality? It’s time to work on the whole Human.
You’re frustrated that you’re only getting what you call “symptom relief,” yet for you, the fact that you got some relief at all is a sign that your cells responded and you can go further. Your cellular structure isn’t stuck in the MS mode! But now it’s time to turn from the physical and take care of the other parts of you that aren’t working fully. This message is given in love.

Q.  クライオン、私は多発性硬化症です。ライトワーカーを自覚して18年です。意を決してEMFも受けましたが、少し症状が和らいだだけでした。どうしたらいいか教えてもらえますか? 自分ではいつも自分で治せると言い聞かせて来ました。そういうことをしていると訳が分からなくなります。「私は治る」「私は自分が好きだ」と考えるようにしてきました。でも、分かりません。直に声に出していますが、今、助言をお願いします。
A . こんにちは。この人生であなたに与えられたものがあります。それは、この人生を変えることだけが、事態を変えるということに非常に関係しています。治せるかどうか以上に、自分のことについてもっと多くのことを学べるか、あなたに掛かってくる時が来るでしょう。自分の過去を変えましたか? 神に、どんなことが起きても、私は大丈夫です、と言いましたか? 自分の精神面を大切にしてきましたか? 自分という人間そのものに取り組む時です。
「症状を軽くする」ことにイライラしていますね。でも、軽くなるということは、あなたの細胞がそれに応えている、もっとやれる、ということです。あなたの体は多発性硬化症のままではありません! しかし、今は、体のことから目を転じて、まだ十分とは言えない自分の他の点について注意して心がける時です。以上、心から、お話ししました。

QUESTION: I have a 23-year-old daughter with cerebral palsy脳性小児まひ. I’ve read, and have come to believe, that there are no accidents, and that we choose our basic circumstances before arriving here. My daughter doesn’t buy that. She says she would never have chosen to be unable to walk. Who’s right?
ANSWER #1: Both of you are correct. She chose her condition, but she also chose to come to Earth at a time when it could be changed. It’s no accident that she’s here with this condition, and no accident that she’s here now, when such new possibilities are before her.
Encourage her to change her biology. Energies are being developed on this planet that will marry with her intent. Each path is different, but no creature of God was sent here to suffer. They were instead sent here to discover what they could do.

Q. 私には脳性小児麻痺の23歳の娘がいます。いろいろなものを読んで、これは偶然ではない、自分たちが生まれる前に自ら選んだのだと言うことを信じるようになりました。娘はそんなことは信じていません。歩けなくなるなんて絶対に決めていないと言っています。どっちが正しいのですか?
A.  あなた方親子はどちらも正しいです。娘さんは自分の状態を決めましたが、いつか変わる時があると思い地球にやって来ました。彼女の状態は偶然ではありません。明らかに、彼女には、可能性が開こうとしている時に来ています。
彼女の体は変わると言って勇気づけてください。エネルギーは、この地球と彼女の思いが一つになろうとしています。道はそれぞれ違いますが、神の子は、苦しむためにやって来たのではありません。何が出来るのかに気付くために生まれたのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中