ヒト遺伝子は地球外から-ノーベル賞受賞者・DNA発見者

以下の記事を見て、ザ・グループの“Star Seeding”を思い出しました。当時のアイソン彗星の天体ショーを…

情報源: ヒト遺伝子は地球外から-ノーベル賞受賞者・DNA発見者

Translation by Lightworkermike (Minoru Enomoto)
NOBEL PRIZE WINNING CO-DISCOVERER OF DNA SAYS OUR GENES WERE BROUGHT HERE BY EXTRATERRESTRIALS, ARJUN WALIA   DECEMBER 28, 2016

Their theory explains that, “organisms were deliberately transmitted to earth by intelligent beings on another planet. We conclude that it is possible that life reached the earth in this way, but that the scientific evidence is inadequate at the present time to say anything about the probability. We draw attention to the kinds of evidence that might throw additional light on the topic.”
http://www.collective-evolution.com/2016/12/28/nobel-prize-winning-co-discoverer-of-dna-says-our-genes-were-brought-here-by-extraterrestrials/

Kryon – Human Evolution

The time frame was more than 50,000 years ago, when there were at least 17 kinds of Humans evolving simultaneously. The Pleiadian visit stopped it all, and only one kind of Human survived… something counterintuitive to the evolutionary process of all other animals on the planet. It was on purpose, blessed, and appropriate. You are one of the only species on the entire planet that has only one kind.
http://www.kryon.com/k_channel08_discovery.html

ヒト遺伝子は地球外から-ノーベル賞受賞者・DNA発見者  by Arjun Walia

フランシス・クリック(1919/6/8-2004/7/28)は、1953年にジェームズ・D・ワトソンと並んでDNAの分子構造を発見したことで著名なイギリス人科学者でした。
フランシス・クリックとモーリス・ウィルキンス(Maurice Wilkinsイギリスの生物物理学者1926/12/15-2004/10/5)は、「核酸の分子構造及び生体内におけるその顕著な役割についての発見」に関する業績を残した結果、1962年にノーベル生理学医学賞を揃って受賞しました。
クリックは、燦然と輝く科学者でしたが、多くの他の理論家と同じように、不運にも当時その理論がなかなか受け入れられず脚光を浴びませんでした。
クリックの1982年の書“Life Itself”(邦訳『生命-この宇宙なるもの』)で、彼は、DNA分子が地球で生まれたと考えるのは不可能、よってどこかほかの所からやって来たと考えざるを得ない、と言っています。現在の科学の主流では、一般的に認められた理論は、人間は分子同士の数多くの偶然の結びつきによって生命が誕生した結果である、というものです。しかし、クリックによれば、私たち人間は「計画的パンスペルミア(Directed Panspermia)」として知られる結果生まれたという。1973年7月には、クリックとイギリス人化学者のレズリー・オーゲルは共同論文を発表しました。
そこで彼らは、「有機体は他の惑星の知的な存在によって慎重かつ巧妙に地球に移送された。私たちは、生命はそのようにして地球に持ち込まれたというのはあり得ることだと考えますが、現在、その可能性についての科学的証拠は不十分です。その問題については、新たな光の差す証拠に注目します」と言っています。
(source)
私たち生命は、偶然に結び付いた結果だという説に対するクリックの考えは、それは、まるで、ハリケーンの直撃を受け廃棄処分されたジャンボジェットを組み立てるようなものだ、と言っています。つまり、信憑性、信じうる根拠に乏しいということです。
https://lightworker-japan.net/2016/12/30/nobel-prize-winning-co-discoverer-of-dna/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中