Kryon – 次の18年 – Lee Carroll

Translation by Lightworkermike (Minoru Enomoto)
Kryon – The Next 18 Years ~ Lee Carroll 29:00~
https://www.youtube.com/watch?v=lAtm11Aq7qs
生物学者に進化について聞いて分かるのは、進化は外を覆っているものを開きますが、それは先頭を走る者が地面の様子がどういう状態かを試験するためです。先頭を走る者をミュータントと呼ぶ人がいます。私たちはそう呼びたくありません。なぜなら目的があるのです。前に数回お話ししましたが、皆さんに聞く必要があるのでまた明らかにします。地球にはサヴァンがいます。どういう人達か知っていますか?その言葉はいけないと思う人がいます。生まれつき、仕組みの違う子がいます。「自閉症」です。彼らの脳は3次元で上手く対応する仕組みがないのです。彼らは完全にクオンタムな人たちです。3次元で上手く機能する仕組みが抜け落ちています。ひとつの言葉の後に別の言葉を繋いで理解できない人もいます。皆さん、それがどういうことなのか言いましょう。それがサヴァンですが、それは、母なる地球ガイアとスピリットとが次の質をテストしているのです。それは何か?クオンタムな人間の質です。でも皆さんはそういう子をもつ親は多分大変だと思います。でもちゃんと見てください、故郷に帰った時は全く考えが変わります。彼らの本当の姿が分かります。どうなっているのかが分かります。スピリットは、普通より少ない仕組みで後退せずにDNAがどこまで進化するか、新しい人間が生まれるかどうかをテストしています。新しい人間は概念的にクオンタムに考える人たちです。そういう時が来ます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中